2008年4月11日 (金)

[3-34],[3-35]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 3: THE NATURE OF TECHNOLOGY

[3-34]

The Social System Imposes Some Restrictions on Openness in Technology

For the most part, the professional values of engineering are very similar to those of science, including the advantages seen in the open sharing of knowledge. Because of the economic value of technology, however, there are often constraints on the openness of science and engineering that are relevant to technological innovation. A large investment of time and money and considerable commercial risk are often required to develop a new technology and bring it to market. That investment might well be jeopardized if competitors had access to the new technology without making a similar investment, and hence companies are often reluctant to share technological knowledge. But no scientific or technological knowledge is likely to remain secret for very long. Secrecy most often provides only an advantage in terms of time—a head start, not absolute control of knowledge. Patent laws encourage openness by giving individuals and companies control over the use of any new technology they develop; however, to promote technological competition, such control is only for a limited period of time.

技術の開放に制限を課す社会システム

ほとんどの部分において、工学の専門的な学問としての価値[1]は科学のそれとよく似ており、学問上の知識を開放し共有し合うという点に見られる長所を持っている。しかしながら技術の経済的価値のために、技術革新に関連した部分では科学や工学の開放はしばしば抑制される。新しい技術を開発しそれを市場にもたらすためには多くの場合、時間と資金との大きな投資、そして相当な商業上のリスクを負うことを必要とする。もしも競争相手が同様の投資をすることなくその新技術を利用可能であったなら、そのような投資はかなりの危険にさらされることになるかもしれない。それゆえに企業はたいていは技術上の知識の共有をしたがらない。しかし科学的知識や技術的知識はどのようなものも、とても長い期間に渡って秘密であり続けるということはあまりない。秘密にしておくことで得られる利点は、最もよくある場合では、時間に関しての利点だけ——技術の先端に手をつけられる[2]ということだけであり、知識の完全な管理[3]ではないのである。特許法は、新技術の使用に関しての支配的な権利[3]をそれらを開発した個人や企業に与えることで、それらの開放を促すものである。しかし技術面での競争を促進するため、そのような支配的権利[3]は、限られた期間のみに与えられる。

[1] professional values はちょっと迷ったのですが、後に出てくる economic value に対してこのような意味が込められているのではないかと推測しました。
[2] a head start ですが、簡潔に過ぎてどういう意味なのか迷ってしまいました。時間についての利点、ということで、先頭に立って始められる、というようなことなのだろうかと推測しました。
[3] control は、ここでの文脈に沿って一語で表す訳語を思いつかず(敢えて言えば「統制」かなぁ)、使われている場所によって言葉を使い分けています。

[3-35]

Commercial advantage is not the only motivation for secrecy and control. Much technological development occurs in settings, such as government agencies, in which commercial concerns are minimal but national security concerns may lead to secrecy. Any technology that has potential military applications can arguably be subject to restrictions imposed by the federal government, which may limit the sharing of engineering knowledge—or even the exportation of products from which engineering knowledge could be inferred. Because the connections between science and technology are so close in some fields, secrecy inevitably begins to restrict some of the free flow of information in science as well. Some scientists and engineers are very uncomfortable with what they perceive as a compromise of the scientific ideal, and some refuse to work on projects that impose secrecy. Others, however, view the restrictions as appropriate.

商業面での利点が、技術についての秘密主義やその管理をしようとする唯一の動機であるわけではない。多くの技術開発が、商業上の懸念は極わずかであっても国家の安全保障上の懸念から秘密を守ろうとすることのある環境、例えば政府機関、において行なわれている。潜在的な可能性として軍事的な応用先を持つ技術はどれも、ほぼ間違いなく、連邦政府によって課せられる制限にさらされ得る。それは工学の知識を共有し合うことを制限するかもしれないし、もしくは、工学知識を推測する材料になり得る製品を輸出することすら制限するかもしれない。いくつかの分野では科学と技術の繋がりはとても密接であるので、技術上の知識の秘匿は必然的に、科学における情報の自由な流れをもいくらか制限し始めることになる。科学者や技術者の中には、科学という学問における理想が損なわれていると考えられることについてとても不快に思っている人々もおり、秘密厳守を強いられるプロジェクトで働くことを拒否する人もいる。とは言えそのような制限を適当なものだと考えている科学者や技術者もいる。

全体でももうだいぶ進んできましたね。もう訳すところはほとんど残ってませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

[3-31]-[3-33]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 3: THE NATURE OF TECHNOLOGY

[3-31]

Technological and Social Systems Interact Strongly

Individual inventiveness is essential to technological innovation. Nonetheless, social and economic forces strongly influence what technologies will be undertaken, paid attention to, invested in, and used. Such decisions occur directly as a matter of government policy and indirectly as a consequence of the circumstances and values of a society at any particular time. In the United States, decisions about which technological options will prevail are influenced by many factors, such as consumer acceptance, patent laws, the availability of risk capital, the federal budget process, local and national regulations, media attention, economic competition, tax incentives, and scientific discoveries. The balance of such incentives and regulations usually bears differently on different technological systems, encouraging some and discouraging others.

互いに強く影響しあう技術システム[1]と社会システム

個々人の発明の才は技術革新において不可欠なものである。それにもかかわらず、どのような技術に手をつけるか、注目するか、投資するか、そして実際に用いるか、ということについては、社会的また経済的な力が強く影響する。そのような決定は、政府の政策としては直接的に、また、あらゆる時々において社会の状況と価値観の結果として間接的に起こるものである。アメリカにおいては、技術に関してどの選択肢を優先するかという決定は多くの要因に影響される。例えば、消費者が受け入れるかどうか、特許法、ベンチャーキャピタルが利用可能かどうか、連邦予算の決定過程、地域的な規則と国家的な規則、メディアの注目、経済的競争、税金面での刺激[2]、科学的発見、などなど。これらの技術革新を誘発する要素[2]と規制との均衡は、通常はそれぞれの技術システム[1]に対して異なって影響し、あるものは後押ししあるものは妨げるという形で作用する。

[1] この technological systems はどういう日本語にしたものかと悩んでいます。social systems と対になって system という言葉が使われていますが、social systems の方はそのまま社会システム=社会制度や体制など社会の構造のこと、として良いかと思いますが、technological systems の方は技術システムと言ってしまうと具体的に何を指しているのかわからない言葉になってしまうと思います。文脈からしますと、体系付けられた個々の技術分野を指しているように読めるのですが、そうすると日本語としては、単に「技術」という言葉が一番適当でしょうか。
[2] incentive も日本語で一言で表すのには苦労してしまいまして、特に後に出てきた部分では大きく言葉を補って意訳してあります。

[3-32]

Technology has strongly influenced the course of history and the nature of human society, and it continues to do so. The great revolutions in agricultural technology, for example, have probably had more influence on how people live than political revolutions; changes in sanitation and preventive medicine have contributed to the population explosion (and to its control); bows and arrows, gunpowder, and nuclear explosives have in their turn changed how war is waged; and the microprocessor is changing how people write, compute, bank, operate businesses, conduct research, and communicate with one another. Technology is largely responsible for such large-scale changes as the increased urbanization of society and the dramatically growing economic interdependence of communities worldwide.

技術は歴史の道筋と人間社会の姿とに強く影響を与えてきた。そしてなお影響し続けている。例えば、農業技術における偉大な革命は、人々がどのように生活するかという点においては恐らく政治上の革命よりも大きな影響を及ぼしてきた。衛生状況の変化と予防医学は人口爆発に貢献してきた(そしてその制御に貢献してきた)。弓矢、火薬、核爆弾はどのように戦争が行なわれるかを代わる代わる変えてきた。そしてマイクロプロセッサは、人々が書き、計算し、銀行の決済をし、事業を営み、研究を行ない、他人と連絡を取り合う仕方を変えつつある。社会における都市化の進展や世界中のコミュニティ結ぶ経済的相互依存性の劇的な成長といった大規模な変化には、技術が大きな原因となっているのである。

[3-33]

Historically, some social theorists have believed that technological change (such as industrialization and mass production) causes social change, whereas others have believed that social change (such as political or religious changes) leads to technological change. However, it is clear that because of the web of connections between technological and other social systems, many influences act in both directions.

歴史的には、技術的な変化(工業化や大量生産)が社会的な変化を引き起こすと信じてきた社会理論家がいる一方で、社会的な変化(政治的な変化や宗教的な変化)が技術的な変化を導くと信じてきた社会理論家もいる。とは言えはっきりしていることは、網の目のように接続された技術システム[1]と他の社会システムの間の結びつき[2]によって、多くの影響がどちらの方向にも働いているのである。

[1] [3-31]でも出てきましたが、この technological systems は日本語では単に「技術」というべきかもしれません。
[2] web の日本語への置き換えに悩んだ末に大きく意訳してみました。

とりあえずここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

[3-26]-[3-30]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 3: THE NATURE OF TECHNOLOGY

[3-26]

ISSUES IN TECHNOLOGY

The Human Presence

The earth's population has already doubled three times during the past century. Even at that, the human presence, which is evident almost everywhere on the earth, has had a greater impact than sheer numbers alone would indicate. We have developed the capacity to dominate most plant and animal species―far more than any other species can―and the ability to shape the future rather than merely respond to it.

技術における諸問題

人間の存在

地球人口は過去一世紀の間、既に三度に渡って倍増した。その上なお、地球上ほぼ至る所で見受けられる人間の存在は、その人口の数字それ自体が示すよりもさらに大きな影響を及ぼしてきた。我々は植物や動物のほとんどの種に対して優位に、他のあらゆる種が別の種に対して優位に立つのとは比べものにならない程に、優位に立つ潜在的な能力を開発し、単に未来に対処するよりもむしろ未来を自分達で形作る能力を発展させてきた。

[3-27]

Use of that capacity has both advantages and disadvantages. On the one hand, developments in technology have brought enormous benefits to almost all people. Most people today have access to goods and services that were once luxuries enjoyed only by the wealthy―in transportation, communication, nutrition, sanitation, health care, entertainment, and so on. On the other hand, the very behavior that made it possible for the human species to prosper so rapidly has put us and the earth's other living organisms at new kinds of risk. The growth of agricultural technology has made possible a very large population but has put enormous strain on the soil and water systems that are needed to continue sufficient production. Our antibiotics cure bacterial infection, but may continue to work only if we invent new ones faster than resistant bacterial strains emerge.

そのような潜在能力を活用することは利点と欠点とを併せ持つ。一方においては、技術の発展はほとんど全ての人々に巨大な恩恵をもたらしてきた。今日ほとんどの人々は、かつては裕福な人々だけが楽しむことのできた贅沢であった物やサービスを利用することができている、交通、通信、栄養、公衆衛生、健康管理、娯楽、など。他方では、人類という種がそのように急速に繁栄することを可能にしたまさにその行動が、我々とそして地球上の他の生物とを、新しい種類の危険にさらしている。農業技術の成長は大変に大きな人口を可能にしてきたが、十分な生産を継続するために必要とされる土壌と水系とに巨大な重荷を負わせてもいる。我々の抗生物質は細菌感染症を治療する、しかしこれが有効であり続けるのは、耐性を持った細菌種が出現するよりも速くに我々が新しい抗生物質を創り出す場合だけかもしれない。

[3-28]

Our access to and use of vast stores of fossil fuels have made us dependent on a nonrenewable resource. In our present numbers, we will not be able to sustain our way of living on the energy that current technology provides, and alternative technologies may be inadequate or may present unacceptable hazards. Our vast mining and manufacturing efforts produce our goods, but they also dangerously pollute our rivers and oceans, soil, and atmosphere. Already, by-products of industrialization in the atmosphere may be depleting the ozone layer, which screens the planet's surface from harmful ultraviolet rays, and may be creating a buildup of carbon dioxide, which traps heat and could raise the planet's average temperatures significantly. The environmental consequences of a nuclear war, among its other disasters, could alter crucial aspects of all life on earth.

我々が膨大な量の蓄積された化石燃料を利用でき、また実際に利用することは[1]、我々を再利用不可能な資源に依存させてきた。現在存在する我々人類の数を考えれば、我々はこの現在の技術が提供するエネルギーによる生活方法を維持することはできないだろう。そして代替技術は不十分なものかもしれないし、許容できない災害を引き起こすかもしれない。我々による大規模な採掘と製造の活動は様々な物を生産するが、これらはまた河川や海、土壌、そして大気を危険なまでに汚染する。既に工業はその副産物として、大気中において、惑星の表面を有害な紫外線から保護しているオゾン層を減少させつつあるかもしれず、また、熱をためこんで惑星の平均気温を大きく上昇させ得る二酸化炭素の増大を生みつつあるかもしれない。核戦争がもたらす環境への影響は、他の災害の中でも特に、地球上のあらゆる生命にとって極めて重要な側面[2]を変化させてしまいかねないものである。

[1] access to and use of ですが、access は「入手または利用できること」、use は「実際に利用すること」だと思ったのですが、いまひとつ訳し方に自信のない部分でもあります。
[2] crucial aspects はもう少しうまい日本語にできないものかと思うのですが。

[3-29]

From the standpoint of other species, the human presence has reduced the amount of the earth's surface available to them by clearing large areas of vegetation; has interfered with their food sources; has changed their habitats by changing the temperature and chemical composition of large parts of the world environment; has destabilized their ecosystems by introducing foreign species, deliberately or accidentally; has reduced the number of living species; and in some instances has actually altered the characteristics of certain plants and animals by selective breeding and more recently by genetic engineering.

他の種の立場から見れば、人間という存在は、広い範囲の植生を一掃してしまうことによって彼らが利用できる地表の広さを減少させ、彼らの食料源に干渉し、世界環境の大部分において気温と化学的組成[1]を変化させることによって彼らの習性を変化させ、故意であれ偶然であれ外来種をもたらすことによって彼らの生態系を不安定にし、生命の種の数を減少させ、そしていくつかの事例においては、選択的な品種改良と、より最近では遺伝子工学によって、ある特定の植物や動物の性質を現実に変えてきたのである。

[1] chemical composition は土壌や大気中の元素構成のことかと想像したのですが、確信がありません。

[3-30]

What the future holds for life on earth, barring some immense natural catastrophe, will be determined largely by the human species. The same intelligence that got us where we are―improving many aspects of human existence and introducing new risks into the world―is also our main resource for survival.

どのような未来が地球上の生命に対して保たれるかは、なんらかの巨大な自然大災害[1]さえなければ、大部分においては人類によって決定されることになるだろう。我々を我々の立場へと導いてきたのと同じ知性が、人間の存在の多くの側面を進歩させそして世界に新たな危険をもたらしてきたのと同じ知性が、また、生存のための我々の主要な手段なのである。

[1] disaster ではなく catastrophe なので一応「大災害」としてみましたが、「自然大災害」とは、なんだか微妙な言い回しのように見えてしまっています。

今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

[10-54]-[10-61]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 10: HISTORICAL PERSPECTIVES

[10-54]

HARNESSING POWER

The term "Industrial Revolution" refers to a long period in history during which vast changes occurred in how things were made and in how society was organized. The shift was from a rural handicraft economy to an urban, manufacturing one.

動力の活用

"産業革命"という言葉は、いろいろな物がどのように作られるか、また社会がどのように組織されるか、という点において非常に大きな変化が起こった歴史上の長い期間を指している。その変遷は、農村の手工芸的経済から、都会の製造業へ、というものであった。

[10-55]

The first changes occurred in the British textile industry in the nineteenth century. Until then, fabrics were made in homes, using essentially the same techniques and tools that had been used for centuries. The machines—like all of the tools of the time—were small, handmade, and powered by muscle, wind, or running water. That picture was radically and irreversibly changed by a series of inventions for spinning and weaving and for using energy resources. Machinery replaced some human crafts; coal replaced humans and animals as the source of power to run machines; and the centralized factory system replaced the distributed, home-centered system of production.

最初の変化は、19世紀にイギリスの織物産業で起こった。それまで織物は、何世紀もの間使われ続けてきたものと本質的には同じ技術と道具を使って、各家庭で作られていた。そこで使われていた機械は、その時代の道具が全てそうだったように、小さくて手製であり、人の手や、風、または流れる水を動力としていた。そのような状況は、糸を紡ぐことと布を織ること、そしてエネルギー資源を用いることについての一連の発明によって、急激に、そして元に戻せない程に変化した。機械設備が人の手による工芸に取って代わり、石炭が機械を走らせる動力源としての人間や動物に取って代わり、そして集中的な工場のシステムが、各家庭が中心だった分散的な生産システムに取って代わった。

[10-56]

At the heart of the Industrial Revolution was the invention and improvement of the steam engine. A steam engine is a device for changing chemical energy into mechanical work: Fuel is burned, and the heat it gives off is used to turn water into steam, which in turn is used to drive wheels or levers. Steam engines were first developed by inventors in response to the practical need to pump floodwater out of coal and ore mines. After Scottish inventor James Watt greatly improved the steam engine, it also quickly came to be used to drive machines in factories; to move coal in coal mines; and to power railroad locomotives, ships, and later the first automobiles.

産業革命の核と言うべき重要な要素だったのは、蒸気機関の発明と改良だった。蒸気機関は化学的エネルギーを機械的エネルギーへと変換するための装置である。つまり、燃料が燃え、放出された熱が水を蒸気に変えるために用いられ、その蒸気が今度は車輪やレバーを駆動するために用いられるのである。蒸気機関は最初に、石炭や鉱石の鉱山から溜まってしまった水を排出するためという実用上の必要性に応えた発明家によって開発された。スコットランドの発明家ジェームズ・ワットが蒸気機関をすばらしく改良した後は、蒸気機関はすぐに、工場で機械を駆動するためにも用いられるようになり、また、鉱山で石炭を運ぶためにも、そして鉄道の機関車や船、やがては最初の自動車を動かすためにも用いられるようになった。

[10-57]

The Industrial Revolution happened first in Great Britain—for several reasons: the British inclination to apply scientific knowledge to practical affairs; a political system that favored industrial development; availability of raw materials, especially from the many parts of the British Empire; and the world's greatest merchant fleet, which gave the British access to additional raw materials (such as cotton and wood) and to huge markets for selling textiles. The British also had experienced the introduction of innovations in agriculture, such as cheap plows, which made it possible for fewer workers to produce more food, freeing others to work in the new factories.

産業革命は最初にイギリスで起こった。これにはいくつかの理由がある。すなわち、科学的知識を実際的な仕事に応用しようとするイギリスにおける傾向、工業発展を支持した政治体制[1]、原料(raw materials)[2]が、特に大英帝国の多くの場所からこれらがもたらされ、利用可能だったこと、そしてイギリスがさらなる原料(raw materials)(綿花や木材)を利用することや織物の売り付け先となる巨大な市場への往来を可能にした世界最大規模の商業艦隊、である。イギリスはまた、農業において、安価な耕作器[3]のような新機軸を導入することを経験していた。これは以前よりも少ない労働者でより多くの食料を生産することを可能にし、その他の労働者を新しい工場で働くことへと開放したのである。

[1] political system というと政治上の制度のように思えてしまうのですが、ここでは当時の政権が工業発展を支持したという意味だと読むべきだと思うので、思い切って「政府」と意訳してしまってもいいかもしれません。
[2] raw materials なのですが、とりあえず「原料」と訳してありますが、もうちょっと広い意味での資源というべきかとも迷っています。
[3] 原文での cheap plows なのですが、直訳すれば「安い鋤」となります。ですが鋤のような比較的単純な農具が安価になったからといってそれが innovation という言葉で語られるような変化の事例とはとても思えないのです。実際この時代の農業革命の中心は農法の改良だったはずですし。辞書によれば plow には耕作地という意味もあるようですが、「安い耕作地」というのもこれまた innovation の事例としてはよくわからない内容になってしまいます。というわけで、ここでの原文がどんな事例を提示しようとしていたのか想像できていません。少し抽象的に「楽な耕作」というような意味なのだろうかとも想像しましたが、これでは such as と語られるような具体例になっていませんし……

[10-58]

The economic and social consequences were profound. Because the new machines of production were expensive, they were accessible mainly to people with large amounts of money, which left out most families. Workshops outside the home that brought workers and machines together resulted in, and grew into, factories—first in textiles and then in other industries. Relatively unskilled workers could tend the new machines, unlike the traditional crafts that required skills learned by long apprenticeship. So surplus farm workers and children could be employed to work for wages.

経済的また社会的な影響は重大であった。新しい生産機械は高価であったため、それらは主には大量の資金を持っている人々に利用可能なものであり、ほとんどの家庭では手の届かないものだった[1]。労働者と機械とを一緒に集めた家庭外の作業場が、結果として工場になるか、工場へと発展していった、最初は織物産業において、そしてその後に他の産業においても。長い見習い期間をかけて習得されるような技術を必要とした伝統的な工芸とは違い、比較的未熟な労働者でも新しい機械は扱うことができた。そのため、余剰となった農業労働者や子供達が、雇用されて稼ぎのために働くことが可能だったのである。

[1] 辞書的な意味で「ほとんどの家庭は除け者にされていた」ではあんまりなので意訳しておきました。

[10-59]

The Industrial Revolution spread throughout Western Europe and across the Atlantic to North America. Consequently, the nineteenth century was marked in the Western world by increased productivity and the ascendancy of the capitalistic organization of industry. The changes were accompanied by the growth of large, complex, and interrelated industries, and the rapid growth in both total population and a shift from rural to urban areas. There arose a growing tension between, on the one hand, those who controlled and profited from production and, on the other hand, the laborers who worked for wages, which were barely enough to sustain life. To a substantial degree, the major political ideologies of the twentieth century grew out of the economic manifestations of the Industrial Revolution.

産業革命は西ヨーロッパ中に拡がり、そして大西洋を横断して北アメリカへと拡がった。これによって、西欧社会において、19世紀は生産性の向上及び資本家の組織の優位性によって特徴付けらる時代となった。この変化は、巨大で複雑で相互に関係している各種産業の成長、そして全人口の急速な増加と農村部から都市部へ人口の急速な移動とを伴なっていた。そこでは高まっていく緊張が生じもした。一方には、管理をし、生産から利益を得ていた人々がおり、もう一方には、かろうじて食べていけるだけの賃金のために働いている労働者がいたのである。かなりの部分において、20世紀の主要な政治的イデオロギーは、産業革命によって経済面に現われた影響に端を発しているのである。

[10-60]

In a narrow sense, the Industrial Revolution refers to a particular episode in history. But looked at more broadly, it is far from over. From its beginnings in Great Britain, industrialization spread to some parts of the world much faster than to others, and is only now reaching some. As it reaches new countries, its economic, political, and social effects have usually been as dramatic as those that occurred in nineteenth-century Europe and North America, but with details shaped by local circumstances.

狭い見方をすれば、産業革命は歴史上のある特定のできごとを指す言葉である。しかしより広く見れば産業革命はまだ終わっていない。イギリスにおいてのその始まりから、工業化は世界のある地域へは他の地域へよりもずっと速く拡がり、そしてある地域へはようやく届いたばかりである。工業化が新たな国へと到達した時には、地域的な諸事情によって生じる細かな差異は伴なうものの、通常は、19世紀にヨーロッパや北アメリカで起きたのと同じくらい、経済的、政治的、社会的な影響は劇的に生じている。

[10-61]

Moreover, the revolution expanded beyond steam power and the textile industry to incorporate a series of new technological developments, each of which has had its own enormous impact on how people live. In turn, electric, electronic, and computer technologies have radically changed transportation, communications, manufacturing, and health and other technologies; have changed patterns of work and recreation; and have led to greater knowledge of how the world works. (The pace of change in newly industrializing countries may be even greater because the successive waves of innovation arrive more closely spaced in time.) In its own way, each of these continuations of the Industrial Revolution has exhibited the inevitable and growing interdependence of science and technology.

さらにはこの革命は、蒸気力と織物産業を超えて、人々の生活の仕方においてそれぞれがその巨大な影響を及ぼしてきた一連の新しい技術的発展を組み込むことへと展開していった。代わる代わる順番に、電気技術、電子技術、そしてコンピューターテクノロジーが、交通、通信、製造、そして健康に関わる技術や他の諸々の技術を劇的に変えていき、仕事や余暇のあり方を変え、また世界がどのように動いているかということについてのさらに深い多くの理解や認識[1]へと導いていったのである(新たに工業化が進んでいる国々での変化の進みはさらに速くになるかもしれない、というのも次々続いていく革新の波がより短い間隔でやって来るからである)。このようにして、継続しているこれら産業革命のそれぞれが、不可避の、そしてなお成長中の、科学と技術の相互依存性を顕に示しているのである。

[1] greater knowledge を一言では訳しかねてこのような言葉にしてみましたが、ニュアンスとしてはこれで適当でしょうかね? 他に良い表現があればぜひ使わせてもらいたいところではあります。

こんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

[10-36]-[10-41]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 10: HISTORICAL PERSPECTIVES

[10-36]

SPLITTING THE ATOM

A new chapter in our understanding of the structure of matter began at the end of the nineteenth century with the accidental discovery in France that a compound of uranium somehow darkened a wrapped and unexposed photographic plate. Thus began a scientific search for an explanation of this "radioactivity." The pioneer researcher in the new field was Marie Curie, a young Polish-born scientist married to French physicist Pierre Curie. Believing that the radioactivity of uranium-bearing minerals resulted from very small amounts of some highly radioactive substance, Marie Curie attempted, in a series of chemical steps, to produce a pure sample of the substance and to identify it. Her husband put aside his own research to help in the enormous task of separating out an elusive trace from an immense amount of raw material. The result was their discovery of two new elements, both highly radioactive, which they named polonium and radium.

物質の構造についての我々の理解の新しい局面は、19世紀の終わりにフランスでの偶然の発見と共に始まった。ウラニウムの化合物が、包みにくるまれていて現像されていなかった感光板を、いくらか黒く変質させたのである。これによって、この"放射性"の原因を探る科学的な試みが始まったのである。この新しい分野における先駆的研究者はマリー・キュリー、フランスの物理学者ピエール・キュリーと結婚していたポーランド生まれの若い科学者であった。マリー・キュリーは、ウラニウムを含んだ鉱石の放射性は極微量の高度な放射性物質によって引き起こされていると信じ、一連の化学的な処理によって、その高度な放射性物質の純粋なサンプルを作り出そうと、そしてまたその物質を特定しようと、試みたのである。彼女の夫は彼自身の仕事を脇へ置いて、計りしれないほど大量の生の素材[1]から捕えにくい痕跡を選別するという膨大な作業を手助けした。その結果は、二つの新しい元素の発見だった。そのどちらもが高い放射性を有し、ポロニウムとラジウムと名付けられた。

[1] 鉱石のようなものに対して raw (生の) に相当する意味を加えたい時、そのまんま「生の」は適当でしょうか?

[10-37]

The Curies, who won the Nobel Prize in physics for their research in radioactivity, chose not to exploit their discoveries commercially. In fact, they made radium available to the scientific community so that the nature of radioactivity could be studied further. After Pierre Curie died, Marie Curie continued her research, confident that she could succeed despite the widespread prejudice against women in physical science. She did succeed: She won the 1911 Nobel Prize in chemistry, becoming the first person to win a second Nobel Prize.

キュリー夫妻は、放射性についての研究によってノーベル物理学賞を受賞したが、彼らは自分達の発見を商業的には活用しないことを選んだ。実際のところ、彼らはラジウムを科学的なコミュニティ[1]が利用できるようにした。放射性の性質がさらに研究され得るようにしたのである。ピエール・キュリーの死後もマリー・キュリーは、自然科学の世界における女性に対する広範な偏見の下であっても自分は成功を収めることができるという強い自信を持って研究を続けた。そして彼女は成功した。彼女は1911年のノーベル化学賞を受賞し、二度目のノーベル賞を受賞した最初の人物となったのである。

[1] 適当な訳語が思い付かなかったのですが、「コミュニティ」でいいですよね。

[10-38]

Meanwhile, other scientists with better facilities than Marie Curie had available were making major discoveries about radioactivity and proposing bold new theories about it. Ernest Rutherford, a New Zealand-born British physicist, quickly became the leader in this fast-moving field. He and his colleagues discovered that naturally occurring radioactivity in uranium consists of a uranium atom emitting a particle that becomes an atom of the very light element helium, and that what is left behind is no longer a uranium atom but a slightly lighter atom of a different element. Further research indicated that this transmutation was one of a series ending up with a stable isotope of lead. Radium was just one element in the radioactive series.

その一方では同時に、マリー・キュリーが用いることができたものよりも良い設備を持った他の科学者達が、放射性についての重要な発見をし、それについての大胆な新理論を提案していった。ニュージーランド生まれのイギリスの物理学者アーネスト・ラザフォードはすぐに、この展開の速い分野の先頭に立った。彼とその同僚達は、ウラニウムでの自然に起こる放射性が、とても軽い元素であるヘリウムの原子になる粒子[1]を放出するウラニウム原子によって成り立っており、そしてその後に残るものはもはやウラニウム原子ではなく、違う元素のわずかに軽い原子であることを発見した。さらなる研究が、この変化(transmutation)[2]は鉛の安定した同位体で終わる一連の変化の一つであることを示した。ラジウムはつまりは放射性系列の一つでしかなかったのである。

[1] 「ヘリウムの原子になる粒子」とは回りくどい言い方に見えるのですが、原文がこうなので一応このままにしてあります。実際はこれはα粒子のことでしょうから、ヘリウムの原子核のことを指しての言い方だと思いますが。
[2] 物理学の用語として元素変換ということになるでしょうけれど、この文脈の中に入れ込むには変だと思うので、単に「変化」としておきます。

[10-39]

This transmutation process was a turning point in scientific discovery, for it revealed that atoms are not actually the most basic units of matter; rather, atoms themselves consist of three distinct particles each: a small, massive nucleus—made up of protons and neutrons—surrounded by light electrons. Radioactivity changes the nucleus, whereas chemical reactions affect only the outer electrons.

この変化(transmutation)過程の発見は、科学上の発見の中での転換点となった。なぜならこれは、原子が実際には物質の最も基本的な構成単位ではないことを明らかにしたのである。それどころか原子自体が三種のそれぞれ全く異なった粒子から構成されていた、すなわち、陽子と中性子から成る小さく重い原子核が軽い電子による殻[1]に囲まれているという構造を持っていたのである。化学反応が外側の電子のみに影響を与える一方で、放射性反応[2]は原子核を変化させるのである。

[1] 自分の判断で言葉を補っています。
[2] こういう、放射性反応(?)に類する言葉ってありましたっけ? 化学反応と対になっているので、「~反応」という言い方をしたいと思ったのですが。

[10-40]

But the uranium story was far from over. Just before World War II, several German and Austrian scientists showed that when uranium is irradiated by neutrons, isotopes of various elements are produced that have about half the atomic mass of uranium. They were reluctant to accept what now seems the obvious conclusion—that the nucleus of uranium had been induced to split into two roughly equal smaller nuclei. This conclusion was soon proposed by Austrian-born physicist and mathematician Lise Meitner and her nephew Otto Frisch, who introduced the term "fission." They noted, consistent with Einstein's special relativity theory, that if the fission products together had less mass than the original uranium atom, enormous amounts of energy would be released.

しかしウラニウムの物語はまだまだ終わらなかった。第二次世界大戦の直前、ドイツとオーストリアの科学者達が、ウラニウムが中性子を放射する時に、ウラニウムの約半分の原子質量を持ついくつもの元素の同位体が生み出されていることを示した。彼らは、今や明らかな結論に見えることを受け入れることに気が進まなかった、つまりウラニウムの原子核が、ウラニウムの原子核よりも小さなほぼ同じ二つの原子核への分裂を引き起こされていたのだということを。この結論はオーストリア生まれの物理学者であり数学者でもあるリーゼ・マイトナーと彼女の甥であるオットー・フリッシュによってすぐに提起された。オットー・フリシュは"fission:核分裂"という言葉を導入した人物である。彼らは次のように注意を促した。アインシュタインの特殊相対性理論に沿って、もしも核分裂による生成物全ての質量の合計が元のウラニウム原子の質量よりも小さいならば、膨大なエネルギーが放出されることになるだろう、と。

[10-41]

Because fission also releases some extra neutrons, which can induce more fissions, it seemed possible that a chain reaction could occur, continually releasing huge amounts of energy. During World War II, a U.S. scientific team led by Italian-born physicist Enrico Fermi demonstrated that if enough uranium were piled together—under carefully controlled conditions—a chain reaction could indeed be sustained. That discovery became the basis of a secret U.S. government project set up to develop nuclear weapons. By the end of the war, the power of an uncontrolled fission reaction had been demonstrated by the explosion of two U.S. fission bombs over Japan. Since the war, fission has continued to be a major component of strategic nuclear weapons developed by several countries, and it has been widely used in the controlled release of energy for transformation into electric power.

核分裂はまた余計に中性子を放出し、これらはさらなる核分裂を引き起すことができるので、継続して巨大なエネルギーを放出する連鎖反応が引き起こされ得るように見えた。第二次世界大戦の期間中、イタリア生まれの物理学者エンリコ・フェルミに率いられたアメリカの科学者チームが、十分なウラニウムが一つ所に積上げられたなら、注意深い制御下において、連鎖反応が本当に維持され得ることを実際に示した。この発見は、アメリカ政府の核兵器開発を開始する秘密計画の基礎となった。戦争の終結までに、制御不可能な核分裂反応の威力は、日本の上でのアメリカの二発の核分裂爆弾の爆発によって実際に示された。この戦争以来、核分裂は、複数の国によって開発されていった戦略核兵器の主要な構成要素であり続けてきており、そしてまた、電力へ変換されるための制御されたエネルギーの開放という形で広く用いられてもきた。

とりあえずここまでで一区切り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

[10-28]-[10-35]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 10: HISTORICAL PERSPECTIVES

material と substance はきちんと訳し分けないといけないかなぁとかあれこれ考えたり、意味を取りにくい箇所がぽこぽこあったりで、だいぶ手間取ってしまいました。一応、material や substance など、括弧付きで原語を添えてあります。

[10-28]

UNDERSTANDING FIRE

For much of human history, fire was thought to be one of the four basic elements―along with earth, water, and air―out of which everything was made. Burning materials were thought to release the fire that they already contained. Until the eighteenth century, the prevailing scientific theory was that when any object burned, it gave off a substance that carried away weight. This view confirmed what people saw: When a heavy piece of wood was burned, all that was left was a residue of light ashes.

火についての理解

人類の歴史の中でほとんどの期間、火は四つの基本的元素(element)の一つだと考えられてきた。他の三つは、土、水、空気、であり、万物はこれら四つの元素によって構成されていると考えられていた。燃えている物(material)は、もともと内に持っていた火を放出しているのだと考えられていた。18世紀まで、広く認められていた科学理論は、物体(object)が燃える時には物質(substance)を放出しておりそれによって質量が運び去られる、というものだった。この見方は観察結果によって認められていた、実際、重い木の断片が燃えた後には、残されるのは軽い灰のみであったのだから。

[10-29]

Antoine Lavoisier, a French scientist who made most of his discoveries in the two decades after the American Revolution and was later executed as a victim of the French Revolution, conducted a series of experiments in which he accurately measured all of the substances involved in burning, including the gases used and the gases given off. His measurements demonstrated that the burning process was just the opposite of what people thought. He showed that when substances burn, there is no net gain or loss of weight. When wood burns, for example, the carbon and hydrogen in it combine with oxygen from the air to form water vapor and carbon dioxide, both invisible gases that escape into the air. The total weight of materials produced by burning (gases and ashes) is the same as the total weight of the reacting materials (wood and oxygen).

アントワーヌ・ラヴォアジエはフランスの科学者であり、アメリカ独立革命[1]からその後フランス革命の犠牲者として彼が処刑されるまでの20年間に、その発見のほとんどを為した。彼は一連の実験を行ない、その中で、燃焼に関わる物質(substance)を全て正確に測定した。燃える際に使われた気体やその結果放出された気体も含めてである。彼の測定結果は、燃焼過程は人々が考えていたのと全く反対であったことを示した。彼は、物質(substance)が燃える時には重さは正味では増加も減少もしない、ということを示したのである。例えば、木が燃える時には木の中に存在していた炭素と水素が空気中の酸素と結び付いて水蒸気と二酸化炭素を形成し、このどちらも空気中に放出されて目に見えない気体であった。燃えたことによって生じた物(material)(気体と灰)の合計の重さは、そこで反応した物(material)(木と酸素)の合計の重さと全く同じなのである。

[1] 日本語では普通は単に「アメリカ独立」でしょうけれど、原文ではわざわざフランス革命と対になっているので、「アメリカ独立革命」としておきました。

[10-30]

In unraveling the mystery of burning (a form of combustion), Lavoisier established the modern science of chemistry. Its predecessor, alchemy, had been a search for ways to transform matter―especially to turn lead into gold and to produce an elixir that would confer everlasting life. The search resulted in the accumulation of some descriptive knowledge about materials and processes, but it was unable to lead to an understanding of the nature of materials and how they interact.

物が燃えることの謎を(燃焼という形態を[1])解き明かす中で、ラヴォアジエは、化学という近代科学を確立した。その前身たる錬金術は、物質を変換する方法を、とりわけ鉛を黄金に変える方法と永遠の命をもたらすであろう霊薬を産み出す方法を、探し求めてきたものである。その探求の結果、物質(material)とその変換過程[2]について、知見は整理されまとめられ、積み上げられていったが、物質(material)の本質について、またそれらがいかに反応し合うかということについて、理解に到達することはできていなかった。

[1] ここでわざわざ、a form of combustion と言い換えられているのはどういう意味が込められているのか、ピンときていません。
[2] 原文では単に、knowledge about materials and processes なのですが、ここでの processes は錬金術に関して materials に続けて出てきている語なので、materials 同士の変換過程を指している語だと判断しました。

[10-31]

Lavoisier invented a whole new enterprise based on a theory of materials, physical laws, and quantitative methods. The intellectual centerpiece of the new science was the concept of the conservation of matter: Combustion and all other chemical processes consist of the interaction of substances such that the total mass of material after the reaction is exactly the same as before it.

ラヴォアジエは、物質(material)の理論と物理法則と計量可能な手法とに基づく新しい enterprise[1] をまるごと開発したのである。新しい科学の理論面における最も重要な項目は、質量保存という概念である。すなわち、燃焼も他のどんな化学反応過程も反応に関わる物の中に含まれる物質(substance)の相互作用によって成り立っており[2]、反応後の物(material)の全質量は、反応前の全質量と正確に等しいものとなるのである。

[1] enterprise は新しい科学分野を指している語なのでしょうけれど、日本語でどういった単語をあてはめたらいいかは、いい考えが浮かびませんでした。単なる「科学」という言葉が一番しっくり来るような気がするのですが。
[2] such that の前後の意味を繋げるために、substance について「反応に関わる物の中に含まれる物質」というように大きく言葉を補っています。後に出てくる material に含まれている substance という意味なのだと判断しました。

[10-32]

For such a radical change, the acceptance of the new chemistry was relatively rapid. One reason was that Lavoisier devised a system for naming substances and for describing their reactions with each other. Being able to make such explicit statements was itself an important step forward, for it encouraged quantitative studies and made possible the widespread dissemination of chemical discoveries without ambiguity. Furthermore, burning came to be seen simply as one example of a category of chemical reactions―oxidation―in which oxygen combines with other elements or compounds and releases energy.

このような急進的な変化に対して、この新しい化学の受容は比較的速く進んだ。その理由は、ラヴォアジエが物質(substance)の命名法とそれらの間の化学反応の表記法とを考案したからである。そのような明示的な記述を可能にすることは、それ自体が重要な前進であった。なぜならそれは、定量的な研究を促進するものであり、また、化学上の発見をあいまいさを含まずに広く伝えることを可能にするからである。なお燃焼は、酸素が他の元素(element)やその化合物(compound)と結び付いてエネルギーを放出する類の化学反応―酸化―の一例としてとらえられるようになった。

[10-33]

Another reason for the acceptance of the new chemistry was that it fit well with the atomic theory developed by English scientist John Dalton after reading Lavoisier's publications. Dalton elaborated on and refined the ancient Greek ideas of element, compound, atom, and molecule―concepts that Lavoisier had incorporated into his system. This mechanism for developing chemical combinations gave even more specificity to Lavoisier's system of principles. It provided the basis for expressing chemical behavior in quantitative terms.

新しい化学が受け入れられた別の理由は、これがドルトンの原子説とよく調和したことである。イギリスの科学者ジョン・ドルトンは、ラヴォアジエの著作を読んで、原子説を展開したのである。ドルトンは、古代ギリシア的な元素(element)の考え方(idea)から、元素の組み合わさった化合物(compound)、そして原子、分子へと連なっていく諸概念、すなわちラヴォアジエが彼の体系に組み込んだ諸概念を、練り上げ詳しく論じ直していったのである[1]。化合物(chemical combination)について詳しく説明するためのドルトンによる手法は[2]、元素(principle)についてのラヴォアジエの体系により一層の独自性を与えた。というのも、化学的な作用を定量的に書き表わすための基礎を提供したのである。

[1] 意訳というより作文になってしまったくらいの、意味を想像しての日本語になっています。ancient greek ideas of element, compund, atom, and molecule で、原子や分子の古代ギリシア的な考え、と言ってしまうとピンとこない言い方になってしまうし、そもそも分子はドルトンの後に出てきた概念だし。ということで、古代ギリシアに端を発する、万物は元素によって構成されている、という考え方を、近代的な考え方へ練り直していったのがドルトンなのだ、という意味なのだと読んでの訳文になっています。
[2] This mechanism は直前の内容ではなく、ドルトンの原子説に基づいた説明の仕方を指しているのだと判断しました。

[10-34]

Thus, for example, when wood burns, each atom of the element carbon combines with two atoms of the element oxygen to form one molecule of the compound carbon dioxide, releasing energy in the process. Flames or high temperatures, however, need not be involved in oxidation reactions. Rusting and the metabolism of sugars in the body are examples of oxidation that occurs at room temperature.

この体系に従って、例えば木が燃える時には、元素の一つである炭素の原子それぞれがやはり元素である酸素の原子二個と結び付き、化合物である二酸化炭素の分子一個を形成し[1]、その過程でエネルギーが放出される、と説明される。もっとも、炎や高い温度は必ずしも酸化反応に含まれる必要はない。錆や、体内での糖分の代謝は、室温で起こる酸化の例である。

[1] かなりくどい日本語になってしまっていますが、element と atom とそれぞれの概念を込めようとしてこうなってしまいました。element は古代ギリシア以来の抽象的な要素としての元素であり、その実体としての atom :原子 ということで。もっと文章を整えられればいいのですが。

[10-35]

In the three centuries since Lavoisier and Dalton, the system has been vastly extended to account for the configuration taken by atoms when they bond to one another and to describe the inner workings of atoms that account for why they bond as they do.

ラヴォアジエとドルトン以来三世紀に渡って、この体系は、原子同士が互いに結合する時のそれら原子による分子構造を説明するために、またそれら原子がなぜそのように結合するのかを理由付ける原子内部の作用について詳しく記述するために、大きく拡張されていった。

自信のない箇所も多いので、今回は特にツッコミ大歓迎です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

[10-24]-[10-27]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 10: HISTORICAL PERSPECTIVES

[10-24]

MOVING THE CONTINENTS

As soon as fairly accurate world maps began to appear, some people noticed that the continents of Africa and South America looked as though they might fit together, like a giant jigsaw puzzle. Could they once have been part of a single giant landmass that broke into pieces and then drifted apart? The idea was repeatedly suggested, but was rejected for lack of evidence. Such a notion seemed fanciful in view of the size, mass, and rigidity of the continents and ocean basins and their apparent immobility.

移動する大陸

ほぼ正確な世界地図が明らかになり始めるのとほぼ時を同じくして、幾人かの人々は、アフリカ大陸と南アメリカ大陸とが、まるで巨大なジグソーパズルのように、互いにぴったりとくっつき合えるかのように見えることに気がついた。二つの大陸がかつて一つの巨大な陸地の一部であって、それが部分部分とに分かれて離れ離れになっていったものだということがあり得るのだろうか? この着想(idea)は繰り返し示唆されたが、証拠が無いことによってその度に棄却された。大陸と海洋[1]の大きさや質量や固さ、そして陸も海も明らかに動いていないことから見れば、そのような考えは空想だと思われたのである。

[1] ocean basins なので単に海というよりは、地形としての海のことを指しているのでしょう。ただ、日本語としたらどんな言葉がいいか悩んでいます。「海洋の固さ」と言ってしまってはもちろんとても変なので、変えたいところなのですが。

[10-25]

Early in the twentieth century, however, the idea was again introduced, by German scientist Alfred Wegener, with new evidence: The outlines of the underwater edges of continents fit together even better than the above-water outlines; the plants, animals, and fossils on the edge of one continent were like those on the facing edge of the matching continent; and—most important—measurements showed that Greenland and Europe were slowly moving farther apart. Yet the idea had little acceptance (and strong opposition) until—with the development of new techniques and instruments—still more evidence accumulated. Further matches of continental shelves and ocean features were found by exploration of the composition and shape of the floor of the Atlantic Ocean, radioactive dating of continents and plates, and study both of deep samples of rocks from the continental shelves and of geologic faults.

しかし20世紀の初めに、ドイツの科学者アルフレッド・ウェゲナー[1]によって、この考え(idea)は再び持ち出された、新たな証拠と共に。まず、大陸同士の海面下での輪郭は、陸地の輪郭よりもなお互いに一致している。また、一方の大陸の沿岸部に存在する植物、動物、そして見出される化石は、他方の対応する大陸の面している沿岸部におけるそれらと類似している。そして最も重要なことには、観測の結果、グリーンランドとヨーロッパとがゆっくりと動いて離れていっていることが示されたのである。それでもまだ、この考え(idea)はほとんど受け入れられなかった(そして強い反対に遭っていた)、新しい観測技術と機器の発達によってより一層の証拠が蓄積されるまで。大陸棚や海底の様相のさらなる符合は、大西洋の海底の構成と形状の調査、大陸とプレートについての放射年代測定、そして大陸棚から丹念に採取された岩石や断層についての調査によって、見出されていった。

[1] Wikipedia を参照してみましたが、ドイツ人ということでドイツ語読みでアルフレート・ヴェーゲナーとした方がよいでしょうか? たまたま英語読みの方がなじみがあったのでこうしてありますが。

[10-26]

By the 1960s, a great amount and variety of data were all consistent with the idea that the earth's crust is made up of a few huge, slowly moving plates on which the continents and ocean basins ride. The most difficult argument to overcome—that the surface of the earth is too rigid for continents to move—had proved incorrect. The hot interior of the earth produces a layer of molten rock under the plates, which are moved by convection currents in the layer. In the 1960s, continental drift in the form of the theory of plate tectonics became widely accepted in science and provided geology with a powerful unifying concept.

1960年代までには、大量で多様なデータが、地殻は大陸や海底を乗せてゆっくりと動いているいくつかの巨大なプレートで構成されているという考え(idea)と、全て整合することとなった。克服すべきだった最も困難な論点、地球の表面は大陸が移動するには固すぎる、という主張は誤りだったことが明らかになった。地球の熱い内部はプレートの下で溶融した岩の層を生み出し、プレートはこの溶融層に生じている対流運動によって移動しているのである。1960年代に、プレートテクトニクス理論という形での大陸の移動は科学界で広く受け入れられ、地質学に強力で一本化された概念を提供することとなった。

[10-27]

The theory of plate tectonics was finally accepted because it was supported by the evidence and because it explained so much that had previously seemed obscure or controversial. Such diverse and seemingly unrelated phenomena as earthquakes, volcanoes, the formation of mountain systems and oceans, the shrinking of the Pacific and the widening of the Atlantic, and even some major changes in the earth's climate can now be seen as consequences of the movement of crustal plates.

プレートテクトニクス理論がついに受け入れられたのは、この理論が証拠によって補強され、過去にはあいまいであったり議論の的となっていたりしたとても多くの事柄を説明したからである。地震、火山、山系や海洋の形成、太平洋の収縮と大西洋の拡大、そして地球の気候の大きな変化でさえ、これら多様で一見無関係な現象は、今や地殻プレートの移動の結果として理解することができるのである。

次の段落は元素の話でしょうか。10章はまだ先が長い……
しかしプロジェクト全体ではもう半分を越えてるんですね。早っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

[10-20]-[10-23]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 10: HISTORICAL PERSPECTIVES

[10-20]

EXTENDING TIME

The age of the earth was not at issue for most of human history. Until the nineteenth century, nearly everyone in Western cultures believed that the earth was only a few thousand years old, and that the face of the earth was fixed—the mountains, valleys, oceans, and rivers were as they always had been since their instantaneous creation.

地球の年齢については、人類の歴史の中でほとんどの間、問題にはなっていなかった。19世紀までは、西欧文化の中ではほとんど全ての人が、地球は誕生してからほんの数千年しか経っておらず、地球の表面の様相は固定され、つまり山も谷も海も川もそれらが瞬時に創られてから常にそのままであり続けてきた、と信じていた。

[10-21]

From time to time, individuals speculated on the possibility that the earth's surface had been shaped by the kind of slow change processes they could observe occurring; in that case, the earth might have to be older than most people believed. If valleys were formed from erosion by rivers, and if layered rock originated in layers of sediment from erosion, one could estimate that millions of years would have been required to produce today's landscape. But the argument made only very gradual headway until English geologist Charles Lyell published the first edition of his masterpiece, Principles of Geology, early in the nineteenth century. The success of Lyell's book stemmed from its wealth of observations of the patterns of rock layers in mountains and the locations of various kinds of fossils, and from the close reasoning he used in drawing inferences from those data.

時として、個人としては、その経過を観察できるようななんらかのゆっくりとした変化の過程によって地球の表面が形作られてきた可能性について思いを巡らす人もいた。そしてその場合には、地球はほとんどの人が信じていたよりも年齢を重ねていなければならないかもしれない。もしも谷が川による浸食から形成されたのであれば、また層状の岩が浸食によってもたらされた土や砂の堆積の積み重なりから生じたのであれば、今日の地形が生み出されるためには何百万年もの年月が必要だったと見積もられることもあり得るだろう。しかしこの議論は、本当にゆっくりと、徐々に徐々にとしか進展しなかった、19世紀の初めにイギリスの地質学者チャールズ・ライエルが彼の大著「地質学原理」の初版を出版するまで。ライエルの本の成功は、山々における岩石の層のパターンについてと多様な化石が見出される場所についての豊富な観察[1]、またそれらデータから意味を引き出す[2]にあたって彼が用いた綿密な論証とに立脚していた。

[1] 地質学にはあまり親しんでいないのと、and と of とがたくさん連なってしまっていることから、語句の繋がりがこれであっているかどうか、ちょっと不安だったりします。また、pattern はカタカナで「パターン」としてしまってありますが、層の模様のような見た目としてのパターンのことなのか、層の典型的な現れ方としてのパターンのことなのか、確信がありません。
[2] influence は、なんらかの効果や影響を及ぼす能力や余地を指す言葉だと思いますので、ここではデータの「意味」としてみました。

[10-22]

Principles of Geology went through many editions and was studied by several generations of geology students, who came to accept Lyell's philosophy and to adopt his methods of investigation and reasoning. Moreover, Lyell's book also influenced Charles Darwin, who read it while on his worldwide voyages studying the diversity of species. As Darwin developed his concept of biological evolution, he adopted Lyell's premises about the age of the earth and Lyell's style of buttressing his argument with massive evidence.

「地質学原理」は幾度も版を重ね、ライエルの哲学を受け入れ彼の調査と論証の方法に順応することになる何世代もの地質学の学生達によって学ばれていった。さらには、ライエルの本はチャールズ・ダーウィンにも影響を与えた。ダーウィンは種の多様性を調べながらの世界中を巡る航海の間にこの本を読んだのである。ダーウィンは生物の進化についての概念を展開させていきながら、地球の年齢についてライエルが示した根拠と、大量の証拠によって推論を支えていくライエル流の手法とになじんでいった。

[10-23]

As often happens in science, Lyell's revolutionary new view that so opened up thought about the world also came to restrict his own thinking. Lyell took the idea of very slow change to imply that the earth never changed in sudden ways—and in fact really never changed much in its general features at all, perpetually cycling through similar sequences of small-scale changes. However, new evidence continued to accumulate; by the middle of the twentieth century, geologists believed that such minor cycles were only part of a complex process that also included abrupt or even cataclysmic changes and long-term evolution into new states.

科学においてはしばしば起こるように、世界についての考えをとても広く切り開いたライエルによる革命的な新しい見方は、同時に、彼自身の思考を制限することになった。ライエルは、地球が急激な過程によって変化することは決してないと考えられるようなとてもゆっくりとした変化、という考えをとっていた。実際、地球の一般的な様相においては、急激に大きく変化することは本当に全くない、特に小規模な変化が似たように続いていくサイクルの中では。しかし新たな証拠が蓄積され続け、20世紀半ばまでに地質学者達は、そのような変化の少ないサイクルは、急な変化、もしくは地殻の激変すら含んで、新しい状態に向けての長期的な展開を内包する、複雑な過程のほんの一部でしかないのだ、と信じるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

[10-16]-[10-19]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 10: HISTORICAL PERSPECTIVES

[10-16]

RELATING MATTER & ENERGY AND TIME & SPACE

As elaborate and successful as it was, however, the Newtonian world view finally had to undergo some fundamental revisions around the beginning of the twentieth century. Still only in his twenties, German-born Albert Einstein published theoretical ideas that made revolutionary contributions to the understanding of nature. One of these was the special theory of relativity, in which Einstein considered space and time to be closely linked dimensions rather than, as Newton had thought, to be completely different dimensions.

物質とエネルギー、時間と空間の関連性

ニュートンの世界観は20世紀に入ってもそれまでと同じように練り上げられ成功を収めたものであり続けたが、20世紀の初めあたりでついに、根本的な修正を施されなければならなくなった。当時まだ20代でしかなかったドイツ生まれのアルベルト・アインシュタインは、自然の理解に対して革命的な寄与を為す理論的考察(idea)をいくつも発表した[1]。そのうちの一つが特殊相対性理論であり、この中でアインシュタインは、空間と時間とは、ニュートンが考えたように完全に異なった次元なのではなく、むしろ密接に結びつけられた次元なのだと考えた。

[1] theoretical ideas は「理論的考察」でいいかと思います。また「いくつも」は複数形の表現として補ったものです。次の文が「そのうちの一つ」と続くことになるので。

[10-17]

Relativity theory had several surprising implications. One is that the speed of light is measured to be the same by all observers, no matter how they or the source of light happen to be moving. This is not true for the motion of other things, for their measured speed always depends on the motion of the observer. Moreover, the speed of light in empty space is the greatest speed possible—nothing can be accelerated up to that speed or observed moving faster.

相対性理論は、いくつかの驚くべき内容を含んでいた。そのうちの一つは、光の速さがあらゆる観測者によって同じ値に観測される、ということ、つまり、観測者や光源がどのように動いていたかということは全く問題でないというのである。このようなことは他の物体の運動においては正しくない、それら物体の観測される速さは観測者の動き方に常に依存するものである。さらには、真空中の光の速さは実現可能な最大の速さであり、他の何物もその速さまで加速することはできないし、上回る速さで動いていることを観測されることもない、というのである。

[10-18]

The special theory of relativity is best known for asserting the equivalence of mass and energy—that is, any form of energy has mass, and matter itself is a form of energy. This is expressed in the famous equation E=mc2, in which E stands for energy, m for mass, and c for the speed of light. Since c is approximately 186,000 miles per second, the transformation of even a tiny amount of mass releases an enormous amount of energy. That is what happens in the nuclear fission reactions that produce heat energy in nuclear reactors, and also in the nuclear fusion reactions that produce the energy given off by the sun.

特殊相対性理論の最も良く知られた側面は、質量とエネルギーの等価性を主張していることである。つまり、エネルギーはいかなる形態であっても質量を有し、物質それ自体がエネルギーの一形態であるといういうことである。このことは有名な方程式、E=mc2 によって書き表される。ここで E はエネルギーを、m は質量を、c は光の速さを表す。c はおよそ秒速 186,000 マイルであり[1]、ほんのわずかな質量からの変換でさえ、膨大な量のエネルギーを放出することになる。これは、原子炉にて熱エネルギーを生み出している核分裂反応で起こっていることであり、また、太陽が放出するエネルギーを生み出している核融合反応でも起こっていることである。

[1] メートル法ではおよそ秒速 300,000 km。

[10-19]

About a decade later, Einstein published what is regarded as his crowning achievement and one of the most profound accomplishments of the human mind in all of history: the theory of general relativity. The theory has to do with the relationship between gravity and time and space, in which Newton's gravitational force is interpreted as a distortion in the geometry of space and time. Relativity theory has been tested over and over again by checking predictions based on it, and it has never failed. Nor has a more powerful theory of the architecture of the universe replaced it. But many physicists are looking for ways to come up with a more complete theory still, one that will link general relativity to the quantum theory of atomic behavior.

およそ10年後、アインシュタインは、彼の業績の中でも最高の成果であると、また同時に、歴史上人類の知性が到達した最も深淵な成果の一つであるとみなされるものを発表した。これが一般相対性理論である。この理論は重力と時空の関係について扱っており、ここではニュートン的な重力は時空の形状の歪みとして解釈される。相対性理論は、理論に基づいて得られる予想を確認することによって何度も何度も繰り返し検証されてきており、そして予想がはずれたことは一度もない。宇宙の構造についてのより強力な理論に取って代わられたこともない[1]。しかし多くの物理学者達は未だに、より完全な理論を、一般相対性理論を原子の振舞いについての量子論へと結び付けるであろう理論を、創り出すための方法を探し続けている。

[1] 原文は倒置で強調文となっているのですが、日本語ではどうにも言いようがないような気がしまして、普通の文章になっています。

物理学の話題はこれで一区切りかな。次の段落は地質学の話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

[10-11]-[10-15]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 10: HISTORICAL PERSPECTIVES

[10-11]

UNITING THE HEAVENS AND EARTH

But it remained for Isaac Newton, an English scientist, to bring all of those strands together, and go far beyond them, to create the idea of the new universe. In his Mathematical Principles of Natural Philosophy, published near the end of the seventeenth century and destined to become one of the most influential books ever written, Newton presented a seamless mathematical view of the world that brought together knowledge of the motion of objects on earth and of the distant motions of heavenly bodies.

天上と地上との統合[1]

しかし、それら個々の新しい考え方を一つにより合わせ、またそれらを越えて新しい宇宙像(idea)を作り上げる仕事は、イギリスの科学者アイザック・ニュートンへと残された。彼の Mathematical Priciples of Natural Philosophy[2] は17世紀の終わり近くに出版され、これは史上最も影響力のある著作の一つとなるのであるが、彼はこの中で、地球上の物体の運動についての知見と、それとはかけ離れていると見なされていた天上の物体の運動についての知見[3]とを一つにまとめる、一貫した数学的な見方を提示した。

[1] 具体的に言えば、天空の星々の運動の原理と地球上の物体の運動の原理との統合、になるわけで、ここでの earth は地球ではなく地上と訳してみました。
[2] 直訳なら「自然哲学の数学原理」ですが、日本語では「プリンピキア」と呼ばれることの方が多いでしょうか?
[3] distant motions of heavenly bodies なのですが、地球から遠い天上の物体の運動、ということなのか、互いに遠く離れている天空の星々の運動、ということなのか、地球上の運動法則とはかけ離れていると見なされていた天上の物体の運動、ということなのか、判断がついていません。このあたりの段落の主題からして、恐らく三番目ではないかと類推して訳にしてありますが。

[10-12]

The Newtonian world was a surprisingly simple one: Using a few key concepts (mass, momentum, acceleration, and force), three laws of motion (inertia, the dependence of acceleration on force and mass, and action and reaction), and the mathematical law of how the force of gravity between all masses depends on distance, Newton was able to give rigorous explanations for motion on the earth and in the heavens. With a single set of ideas, he was able to account for the observed orbits of planets and moons, the motion of comets, the irregular motion of the moon, the motion of falling objects at the earth's surface, weight, ocean tides, and the earth's slight equatorial bulge. Newton made the earth part of an understandable universe, a universe elegant in its simplicity and majestic in its architecture―a universe that ran automatically by itself according to the action of forces between its parts.

ニュートンの説による世界は、驚くほど単純なものであった。鍵となる少数の概念(質量、運動量、加速度、力)、三つの運動法則(慣性の法則、加速度の力と質量に対する依存性[1]、作用反作用の法則)、そして質量を持ったありとあらゆる物体の間で重力が距離に依存してどれだけ働くかを表す数式としての法則、これらを用いてニュートンは、地球上の運動と天上の運動について厳密な説明を与えることを可能にした。この一セットの考え方(idea)によって、ニュートンは、観測されている惑星と月の軌道、彗星の運動、月の不規則な運動、地球表面で落下する物体の運動、重さについて、海の潮汐、そして地球が赤道付近ではわずかに膨らみを持っていることについて、これら全てを説明することを可能にした[2]。ニュートンは地球の位置付けを理解の及ぶ宇宙の一部にし、また宇宙を、その簡潔さにおいては洗練されその構造においては壮大な、すなわち宇宙はその部分と部分の間に働く力の作用に従って自律的に姿を変えてゆくものとしたのであった[3][4]。

[1] 要するにニュートンの運動方程式のことですが、どうもすっきりとした日本語を作れていません。(3/12 : 訳文を少し修正しました)
[2] 「全てを」は日本語として補うために付け加えました。
[3] ran automatically by itself をうまく日本語にできず、かなり苦し紛れの訳文になっています。「自動的になるようになっていく」とかいうような言い方のほうがいいでしょうか?(3/12 : 訳文を少し修正しました)
[4] majectic in its architecture でなにを言わんとしているのかよくわかっていません。majestic ですから肯定的な意味のはずですが、壮麗というにしろ、壮大というにしろ、単にすばらしいというにしろ、宇宙が自動的なものだという話とどう繋がるのか理解できていないのです。そんなわけでここは保留してあります。(3/12 : 訳文を修正しました)

[10-13]

Newton's system prevailed as a scientific and philosophical view of the world for 200 years. Its early acceptance was dramatically ensured by the verification of Edmund Halley's prediction, made many years earlier, that a certain comet would reappear on a particular date calculated from Newton's principles. Belief in Newton's system was continually reinforced by its usefulness in science and in practical endeavors, right up to (and including) the exploration of space in the twentieth century. Albert Einstein's theories of relativity―revolutionary in their own right―did not overthrow the world of Newton, but modified some of its most fundamental concepts.

ニュートンのシステム[1]は、世界の科学的かつ哲学的な見方として200年に渡って広く普及した。ニュートンのシステムは早くから受け入れられていったが、この受容は、エドモンド・ハレーの予想が実証されたことによってめざましく確実なものとなった。ハレーは、ある特定の彗星が、ニュートンの原理によって計算されたある特定の日に再び現れることを何年も前に予想したのである。ニュートンのシステムに対する確信は、科学において、また実用上の努力において、それはまさに20世紀の宇宙探査に至るまで(宇宙探査に至っても[2])、その有用性によって一貫して強められていった。アルベルト・アインシュタインの相対性理論も――これもその正しさにおいて革命的だが――ニュートンの世界観を投げ捨てたのではなく、最も基礎的な概念のいくつかを修正したものである。

[1] system は日本語でも「システム」でもいいとは思うのですが、「ニュートンのシステム」という表現は日本語としてピンと来る表現でしょうか? 「ニュートンによる世界観」のように言った方がいいだろうか、と悩みました。
[2] 括弧内の including は、その直前の「~まで」が終わりを示しているのではないのだと言いたいための語だと判断しました。

[10-14]

The science of Newton was so successful that its influence spread far beyond physics and astronomy. Physical principles and Newton's mathematical way of deriving consequences from them together became the model for all other sciences. The belief grew that eventually all of nature could be explained in terms of physics and mathematics and that nature therefore could run by itself, without the help or attention of gods―although Newton himself saw his physics as demonstrating the hand of God acting on the universe. Social thinkers considered whether governments could be designed like a Newtonian solar system, with a balance of forces and actions that would ensure regular operation and long-term stability.

ニュートンによって行なわれた科学研究[1]は大成功を収め、その影響は物理学と天文学を遥かに越えて広がっていった。物理学上の諸原理と、それらを組み合わせてさらなる結論を導き出すニュートンの数学的手法は、他の全ての科学のための手本となった。自然界のありとあらゆるものはやがては物理学と数学の形で説明できるようになるだろうと、そしてそれゆえに自然は神の助けや配慮を必要とせずに、それ自体によって成り立っていくことができるものだ[2]、という確信が育っていった。もっともニュートン自身は彼の物理学については、この宇宙で、この世界で[3]、神の手が働いていることを示すものだとみなしていたのだが。社会思想家[4]は、ニュートンの考え方による太陽系のような形に政府を設計できないだろうかと、つまり通常の業務と長期的な安定性を保証するように力と作用のバランスを保つような形に政府を設計できないだろうかと検討を重ねた。

(3/22 : The belief grew that ... の箇所、訳文を修正しました)

[1] science : 意味を明示的にするために「科学研究」としました。
[2] [10-12]でも出てきましたが、自然が run するという表現は日本語では何と言ったらいいものか、悩みながらの訳文になっています。
[3] ここでの universe は、神に関する話ですし、「宇宙」よりも「この世界」と言った方が適当でしょうか。
[4] social thinker は日本語で一言であてはまる言葉はあるでしょうか。「社会学者」だと言い過ぎのような気がするのですが。(3/22 : 「社会思想家」でぴったりでしょうか?)

[10-15]

Philosophers in and outside of science were troubled by the implication that if everything from stars to atoms runs according to precise mechanical laws, the human notion of free will might be only an illusion. Could all human history, from thoughts to social upheavals, be only the playing out of a completely determined sequence of events? Social thinkers raised questions about free will and the organization of social systems that were widely debated in the eighteenth and nineteenth centuries. In the twentieth century, the appearance of basic unpredictability in the behavior of atoms relieved some of those concerns―but also raised new philosophical questions.

科学の内においても外においても、哲学者達は、もし全てが、星々から原子に至るまでが、機械的に成り立つ正確な法則に従って動いているのであれば、人間の自由意志というものは幻想でしかないかもしれないということになるのではないか、という推論に悩まされた。人類の歴史全ては、個人の思索から社会の激変に至るまで、完全に決定されている一連の事態が次々と続いていっているだけなのだろうか? 社会思想家(social thinker)は、自由意志と社会システムの組織[1]についての問題を提起し、これらは18世紀と19世紀において広く議論された。20世紀に入ると原子の振舞いについての根本的な予知不可能性が姿を現し、これらの懸念をいくらか取り払った――もっともまた新たな哲学的問題が持ち上がりはしたが。

[1] organization of social system なのですが、ここでは機械的なものなのかどうかという話のはずなので、社会機構がどのように変動していくか、というような意味になると思うのですが、これまた適当な日本語にまとめることができていません。

今日はここまで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«[10-5]-[10-10]