« [10-1], [10-2] | トップページ | [10-5]-[10-10] »

2008年3月 8日 (土)

[10-3], [10-4]

引き続き Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 10: HISTORICAL PERSPECTIVES

[10-3]

All human cultures have included study of nature―the movement of heavenly bodies, the behavior of animals, the properties of materials, the medicinal properties of plants. The recommendations in this chapter focus on the development of science, mathematics, and technology in Western culture, but not on how that development drew on ideas from earlier Egyptian, Chinese, Greek, and Arabic cultures. The sciences accounted for in this report are largely part of a tradition of thought that happened to develop in Europe during the last 500 years―a tradition to which people from all cultures contribute today.

自然についての研究は、人類のあらゆる文化に含まれてきた。天体の運動について、動物の生態について、物質の性質について、植物の薬効について。この章の recommendation[1] では西欧文明における科学、数学、技術の発展に焦点を当てる。だがその発展において、それ以前のエジプトや中国、ギリシアやアラビアの文化からどのように idea[2] を引き出してきたか、については脇へ置くこととする。当報告書で取り上げるのは、ここ500年に渡ってヨーロッパで伝統的に発展してきた、そして今日ではあらゆる文化的背景を持った人々の寄与により受け継がれている、物事の考え方についての様式の一部としての科学である。

[1] [10-1]と同じく他の章と統一して。
[2] これまた[10-1]でも出てきましたが、カタカナで「アイディア」でいいでしょうか……

[10-4]

The emphasis here is on ten accounts of significant discoveries and changes that exemplify the evolution and impact of scientific knowledge: the planetary earth, universal gravitation, relativity, geologic time, plate tectonics, the conservation of matter, radioactivity and nuclear fission, the evolution of species, the nature of disease, and the Industrial Revolution. Although other choices may be equally valid, these clearly fit our dual criteria of exemplifying historical themes and having cultural salience.

ここでは、科学的知見の発展とその影響の例となる、10の重要な発見や変化に重点を置く。すなわち、地動説[1]、万有引力の法則、相対性理論、地質時代、プレートテクトニクス理論、質量保存の法則[2]、放射能と核分裂、種の進化、病気の原因の追求[3]、産業革命、である。同じように他の事例を選ぶこともできるかもしれないが、この10の事例は明らかに、歴史上の良い事例であり、また文化的に傑出した重要な事例であり、我々に必要な二つの要件を満たしている。

[1] planetary earth は直訳すれば、惑星としての地球、惑星として運行する地球、となりますが、題材としては「地動説」と言ってしまって過不足はないかと。
[2] conservation of matter : 「物質の保存」ですが、つまり物質が無から自然発生したり突然消滅したりはしないということを指しているはずで、もっといい訳語がないかとは思うのですが。(3/19 : 訳文を修正しました。 conservation of matter も質量保存を指す言葉なんですね)
[3] nature of disease : 直訳すれば「病気のふるまい」とでもなるでしょうか。後続の段落で取り上げられているのは細菌の発見であって、つまりは感染症の原因を突き止めたことを取り上げているのですが、日本語で「病理」と言ってしまうと意味が広すぎるような気もしてしまって、ここで一言で言い換える言葉としてはもっと良いものがないかと悩んでいます。

意訳している部分も多々ありますが、面倒なのでいちいち注はつけていません。大意ははずさないように気をつけているつもりです。

|

« [10-1], [10-2] | トップページ | [10-5]-[10-10] »

SSFA日本語化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509851/40423303

この記事へのトラックバック一覧です: [10-3], [10-4]:

« [10-1], [10-2] | トップページ | [10-5]-[10-10] »