« [10-54]-[10-61] | トップページ | [3-31]-[3-33] »

2008年4月 5日 (土)

[3-26]-[3-30]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 3: THE NATURE OF TECHNOLOGY

[3-26]

ISSUES IN TECHNOLOGY

The Human Presence

The earth's population has already doubled three times during the past century. Even at that, the human presence, which is evident almost everywhere on the earth, has had a greater impact than sheer numbers alone would indicate. We have developed the capacity to dominate most plant and animal species―far more than any other species can―and the ability to shape the future rather than merely respond to it.

技術における諸問題

人間の存在

地球人口は過去一世紀の間、既に三度に渡って倍増した。その上なお、地球上ほぼ至る所で見受けられる人間の存在は、その人口の数字それ自体が示すよりもさらに大きな影響を及ぼしてきた。我々は植物や動物のほとんどの種に対して優位に、他のあらゆる種が別の種に対して優位に立つのとは比べものにならない程に、優位に立つ潜在的な能力を開発し、単に未来に対処するよりもむしろ未来を自分達で形作る能力を発展させてきた。

[3-27]

Use of that capacity has both advantages and disadvantages. On the one hand, developments in technology have brought enormous benefits to almost all people. Most people today have access to goods and services that were once luxuries enjoyed only by the wealthy―in transportation, communication, nutrition, sanitation, health care, entertainment, and so on. On the other hand, the very behavior that made it possible for the human species to prosper so rapidly has put us and the earth's other living organisms at new kinds of risk. The growth of agricultural technology has made possible a very large population but has put enormous strain on the soil and water systems that are needed to continue sufficient production. Our antibiotics cure bacterial infection, but may continue to work only if we invent new ones faster than resistant bacterial strains emerge.

そのような潜在能力を活用することは利点と欠点とを併せ持つ。一方においては、技術の発展はほとんど全ての人々に巨大な恩恵をもたらしてきた。今日ほとんどの人々は、かつては裕福な人々だけが楽しむことのできた贅沢であった物やサービスを利用することができている、交通、通信、栄養、公衆衛生、健康管理、娯楽、など。他方では、人類という種がそのように急速に繁栄することを可能にしたまさにその行動が、我々とそして地球上の他の生物とを、新しい種類の危険にさらしている。農業技術の成長は大変に大きな人口を可能にしてきたが、十分な生産を継続するために必要とされる土壌と水系とに巨大な重荷を負わせてもいる。我々の抗生物質は細菌感染症を治療する、しかしこれが有効であり続けるのは、耐性を持った細菌種が出現するよりも速くに我々が新しい抗生物質を創り出す場合だけかもしれない。

[3-28]

Our access to and use of vast stores of fossil fuels have made us dependent on a nonrenewable resource. In our present numbers, we will not be able to sustain our way of living on the energy that current technology provides, and alternative technologies may be inadequate or may present unacceptable hazards. Our vast mining and manufacturing efforts produce our goods, but they also dangerously pollute our rivers and oceans, soil, and atmosphere. Already, by-products of industrialization in the atmosphere may be depleting the ozone layer, which screens the planet's surface from harmful ultraviolet rays, and may be creating a buildup of carbon dioxide, which traps heat and could raise the planet's average temperatures significantly. The environmental consequences of a nuclear war, among its other disasters, could alter crucial aspects of all life on earth.

我々が膨大な量の蓄積された化石燃料を利用でき、また実際に利用することは[1]、我々を再利用不可能な資源に依存させてきた。現在存在する我々人類の数を考えれば、我々はこの現在の技術が提供するエネルギーによる生活方法を維持することはできないだろう。そして代替技術は不十分なものかもしれないし、許容できない災害を引き起こすかもしれない。我々による大規模な採掘と製造の活動は様々な物を生産するが、これらはまた河川や海、土壌、そして大気を危険なまでに汚染する。既に工業はその副産物として、大気中において、惑星の表面を有害な紫外線から保護しているオゾン層を減少させつつあるかもしれず、また、熱をためこんで惑星の平均気温を大きく上昇させ得る二酸化炭素の増大を生みつつあるかもしれない。核戦争がもたらす環境への影響は、他の災害の中でも特に、地球上のあらゆる生命にとって極めて重要な側面[2]を変化させてしまいかねないものである。

[1] access to and use of ですが、access は「入手または利用できること」、use は「実際に利用すること」だと思ったのですが、いまひとつ訳し方に自信のない部分でもあります。
[2] crucial aspects はもう少しうまい日本語にできないものかと思うのですが。

[3-29]

From the standpoint of other species, the human presence has reduced the amount of the earth's surface available to them by clearing large areas of vegetation; has interfered with their food sources; has changed their habitats by changing the temperature and chemical composition of large parts of the world environment; has destabilized their ecosystems by introducing foreign species, deliberately or accidentally; has reduced the number of living species; and in some instances has actually altered the characteristics of certain plants and animals by selective breeding and more recently by genetic engineering.

他の種の立場から見れば、人間という存在は、広い範囲の植生を一掃してしまうことによって彼らが利用できる地表の広さを減少させ、彼らの食料源に干渉し、世界環境の大部分において気温と化学的組成[1]を変化させることによって彼らの習性を変化させ、故意であれ偶然であれ外来種をもたらすことによって彼らの生態系を不安定にし、生命の種の数を減少させ、そしていくつかの事例においては、選択的な品種改良と、より最近では遺伝子工学によって、ある特定の植物や動物の性質を現実に変えてきたのである。

[1] chemical composition は土壌や大気中の元素構成のことかと想像したのですが、確信がありません。

[3-30]

What the future holds for life on earth, barring some immense natural catastrophe, will be determined largely by the human species. The same intelligence that got us where we are―improving many aspects of human existence and introducing new risks into the world―is also our main resource for survival.

どのような未来が地球上の生命に対して保たれるかは、なんらかの巨大な自然大災害[1]さえなければ、大部分においては人類によって決定されることになるだろう。我々を我々の立場へと導いてきたのと同じ知性が、人間の存在の多くの側面を進歩させそして世界に新たな危険をもたらしてきたのと同じ知性が、また、生存のための我々の主要な手段なのである。

[1] disaster ではなく catastrophe なので一応「大災害」としてみましたが、「自然大災害」とは、なんだか微妙な言い回しのように見えてしまっています。

今日はここまで。

|

« [10-54]-[10-61] | トップページ | [3-31]-[3-33] »

SSFA日本語化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509851/40764441

この記事へのトラックバック一覧です: [3-26]-[3-30]:

« [10-54]-[10-61] | トップページ | [3-31]-[3-33] »