« [3-31]-[3-33] | トップページ

2008年4月11日 (金)

[3-34],[3-35]

Science For All Americans 勝手に翻訳プロジェクト Chapter 3: THE NATURE OF TECHNOLOGY

[3-34]

The Social System Imposes Some Restrictions on Openness in Technology

For the most part, the professional values of engineering are very similar to those of science, including the advantages seen in the open sharing of knowledge. Because of the economic value of technology, however, there are often constraints on the openness of science and engineering that are relevant to technological innovation. A large investment of time and money and considerable commercial risk are often required to develop a new technology and bring it to market. That investment might well be jeopardized if competitors had access to the new technology without making a similar investment, and hence companies are often reluctant to share technological knowledge. But no scientific or technological knowledge is likely to remain secret for very long. Secrecy most often provides only an advantage in terms of time—a head start, not absolute control of knowledge. Patent laws encourage openness by giving individuals and companies control over the use of any new technology they develop; however, to promote technological competition, such control is only for a limited period of time.

技術の開放に制限を課す社会システム

ほとんどの部分において、工学の専門的な学問としての価値[1]は科学のそれとよく似ており、学問上の知識を開放し共有し合うという点に見られる長所を持っている。しかしながら技術の経済的価値のために、技術革新に関連した部分では科学や工学の開放はしばしば抑制される。新しい技術を開発しそれを市場にもたらすためには多くの場合、時間と資金との大きな投資、そして相当な商業上のリスクを負うことを必要とする。もしも競争相手が同様の投資をすることなくその新技術を利用可能であったなら、そのような投資はかなりの危険にさらされることになるかもしれない。それゆえに企業はたいていは技術上の知識の共有をしたがらない。しかし科学的知識や技術的知識はどのようなものも、とても長い期間に渡って秘密であり続けるということはあまりない。秘密にしておくことで得られる利点は、最もよくある場合では、時間に関しての利点だけ——技術の先端に手をつけられる[2]ということだけであり、知識の完全な管理[3]ではないのである。特許法は、新技術の使用に関しての支配的な権利[3]をそれらを開発した個人や企業に与えることで、それらの開放を促すものである。しかし技術面での競争を促進するため、そのような支配的権利[3]は、限られた期間のみに与えられる。

[1] professional values はちょっと迷ったのですが、後に出てくる economic value に対してこのような意味が込められているのではないかと推測しました。
[2] a head start ですが、簡潔に過ぎてどういう意味なのか迷ってしまいました。時間についての利点、ということで、先頭に立って始められる、というようなことなのだろうかと推測しました。
[3] control は、ここでの文脈に沿って一語で表す訳語を思いつかず(敢えて言えば「統制」かなぁ)、使われている場所によって言葉を使い分けています。

[3-35]

Commercial advantage is not the only motivation for secrecy and control. Much technological development occurs in settings, such as government agencies, in which commercial concerns are minimal but national security concerns may lead to secrecy. Any technology that has potential military applications can arguably be subject to restrictions imposed by the federal government, which may limit the sharing of engineering knowledge—or even the exportation of products from which engineering knowledge could be inferred. Because the connections between science and technology are so close in some fields, secrecy inevitably begins to restrict some of the free flow of information in science as well. Some scientists and engineers are very uncomfortable with what they perceive as a compromise of the scientific ideal, and some refuse to work on projects that impose secrecy. Others, however, view the restrictions as appropriate.

商業面での利点が、技術についての秘密主義やその管理をしようとする唯一の動機であるわけではない。多くの技術開発が、商業上の懸念は極わずかであっても国家の安全保障上の懸念から秘密を守ろうとすることのある環境、例えば政府機関、において行なわれている。潜在的な可能性として軍事的な応用先を持つ技術はどれも、ほぼ間違いなく、連邦政府によって課せられる制限にさらされ得る。それは工学の知識を共有し合うことを制限するかもしれないし、もしくは、工学知識を推測する材料になり得る製品を輸出することすら制限するかもしれない。いくつかの分野では科学と技術の繋がりはとても密接であるので、技術上の知識の秘匿は必然的に、科学における情報の自由な流れをもいくらか制限し始めることになる。科学者や技術者の中には、科学という学問における理想が損なわれていると考えられることについてとても不快に思っている人々もおり、秘密厳守を強いられるプロジェクトで働くことを拒否する人もいる。とは言えそのような制限を適当なものだと考えている科学者や技術者もいる。

全体でももうだいぶ進んできましたね。もう訳すところはほとんど残ってませんね!

|

« [3-31]-[3-33] | トップページ

SSFA日本語化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509851/40841164

この記事へのトラックバック一覧です: [3-34],[3-35]:

« [3-31]-[3-33] | トップページ